訪問看護師の仕事内容と役割?

「訪問看護師」は新たな看護師の職場として近年人気を集めている職種です。病院や診療所・クリニックには所属せず、訪問看護ステーションから利用者の自宅を訪問して在宅生活にて看護を提供するのが「訪問看護師」です。

訪問看護の対象者は病院などに入院せず、在宅(自宅・施設入居など)での療養をしているひとたちです。対象者はなにかしらの理由により看護が必要と判断された人たちであり、訪問看護師は利用者の主治医の指示のもとで看護サービスの提供を行なうことになります。そこで訪問看護師は対象者の主治医の指示書に基づき、対象者の病状や健康状態の観察を行ないます。また必要とされる医療処置(カテーテル交換、インシュリン注射、点滴、血糖測定など)や医療機器の管理と指導も行ないます。対象者が終末期であれば痛みのコントロールや緩和ケアなどの処置を行なうこともあります。また、訪問看護師は対象者の健康状態血圧、体温、脈拍、呼吸など)をチェックし、その状態に関するアドバイスなども行ないます。もし特定の病気などがあるようであれば、主治医の指示にしたがって状態を観察しつつ適切に対応する必要があります。さらに、対象者の生活をサポートするのも訪問看護師の役割です。 訪問看護師は在宅療養者の生活(食事、排泄、清潔、療養環境など)のケアとサポートを行ないます。 対象者によって目的はさまざまですが、自立や社会復帰をサポートしたり、穏やかな精神状態で療養できるようにサポートすることもあります。対象者の快適な療養に必要な看護(褥創防止と処置、薬剤管理と服薬指導など)を行なうとともに、嚥下訓練や呼吸訓練、栄養指導、機能回復ケア(入浴、トイレ、外出など)も併せて行ないます。また療養者のメンタル面のケアとサポートがあります。 訪問看護師は対象者が在宅で療養していくうえで欠かせないメンタル面のケアをするとともに、対象者の家族や同居者からの相談に対応したりアドバイスを行ないます。 訪問看護の対象者は広範にわたるため、一概にその仕事内容を限定することは難しいですが、在宅療養者が快適に療養できるようにサポートすることが訪問看護師の役割であり、看護師としてのスキルや経験が活かせる重要なお仕事です。

訪問看護師に必要な資格は?

訪問看護師に必要不可欠な資格としては、「正看護師免許(看護師国家資格)」および「准看護師免許(都道府県知事免許)」の2種類があります。この看護師免許・准看護師免許のいずれかの資格がなければ訪問看護師として働くことはできません。すでに看護師免許や准看護師免許の資格があれば、訪問看護ステーションなどに所属することによって訪問看護師として就業することができます。 現状では、訪問看護師の多くはすでに看護師(准看護師)の資格を有している看護師からの転職している人が9割をします。 しかし、まだ資格は有していないものや新卒から訪問看護師として働きたいという看護師も増加傾向にあります。そうした場合は、まず看護大学や看護専門学校に入学し、所定の課程を修了したのちに看護師国家資格や准看護師免許の資格を取得する必要があります。 ただし、単に看護師(准看護師)の資格を得ただけでは、訪問看護師としてスムーズに就業できるわけではありません。

というのは、訪問看護師は自宅を訪れて看護業務を行なうため、医師や他スタッフなどが近くにいない状況での看護業務を行なわなければならないためです。 言い換えると自宅では訪問看護師が自分自身の判断で看護業務を行なうことになり、一定レベルの看護スキルや経験が求められるからです。もし看護師(准看護師)資格を取得したばかりで、訪問看護師として働こうという場合は訪問看護師の求人から探すのではなく、病棟勤務などを臨床経験をつんでから始めるほうがベターといえます。 ただし、基本的には看護師(准看護師)資格があれば訪問看護師として働けます。

訪問看護師になるためには?

基本的な条件としては(1) 看護師または准看護師資格(免許)を所有していること
(2) 訪問看護を行なう病院または訪問看護ステーションに所属していること
上記の条件のうち、「(1)看護師(准看護師)免許」は不可欠です。 訪問看護師として就業するためには、経験の有無を問わず看護師国家資格もしくは准看護師資格のいずれかの免許が必要となります。次の「(2) 訪問看護を行なっている病院または訪問看護ステーションに所属」については、 一般的に訪問看護を行なっているのは、訪問看護部門のある病院(医療機関)もしくは民間企業が運営する訪問看護ステーションの2種類が主となっています。昨今では病院やクリニックなどの医療機関でも訪問看護部門を設け、療養者が退院したあとの診療や看護を継続して行なっています。

一方、訪問看護ステーションは民間運営の事業所で看護師は社員として民間会社に所属して訪問看護業務を行ないます。 訪問看護ステーションには看護師のほかに保健師や理学療養士、介護福祉士などのスタッフも所属している場合があり、必要に応じてケアを行なっています。

つまり訪問看護師になるには、この2種類の求人先にいずれかに採用されればいいということになります。 訪問看護師の採用条件は求人先によって異なりますが、正職員・パート・アルバイト・派遣スタッフなどさまざまな就業形態が存在します。

訪問看護師の悩みは?

経験者からはこの仕事は「病院よりも働きやすい」「やりがいがある」などの口コミが多数出ている訪問看護師の仕事ですが、ここでは訪問看護師にありがちな悩みについて紹介していきます。

・訪問看護の仕事に慣れられない
 病院やクリニック勤務から転職した場合は「なかなか仕事に慣れられない」という悩みを持つ看護師もいます。  これは転職には付き物のありがちな悩みですが、時間が解決してくれるから心配ないという経験者の感想もあるので不安に思う必要はないかと思います。

・医師のいない現場で不安がある
 病院やクリニック勤務から訪問看護師になると、看護の現場に医師が常駐していないという点で悩む場合もあるようです。 逆にいえば利用者に関しては主治医の指示のもとに訪問看護師に任されているということになります。

・利用者の自宅に通うのが大変である
 訪問看護師は通常、1日に4~5件程度の現場を担当しています。 通勤手段は自動車やバイク、自転車、公共機関と多岐に渡りますが、夏冬の季節や雨天時にバイクや自転車での移動はすこし苦労している人も多いようです。

・療養者とのコミュニケーションで苦労
 訪問看護師の悩みで多いのが、利用者やその家族とのコミュニケーションの問題です。利用者といっても小児から高齢者まで幅が広く、対応に悩む訪問看護師も少なくありません。 体調不良やメンタル面でナーバスになっている人もいれば、複数の訪問看護師を比較して批評する人がいるなど悩みの種となる例もあります。

・利用者の家族への対応で悩む
 訪問看護を行なう以上、利用者の家族や近親者とのコミュニケーションを避けて通るわけにはいきません。  家族や近親者のなかには、「利用者のことは私たちが一番よく理解している」と考え、訪問看護師のアドバイスを受け付けない人もいるようです。

・訪問ステーションスタッフとの連携
 ステーションには看護師以外にも多数のスタッフが働いています。 当然のことながら、各自が自分の業務に精通しているため、看護師とのあいだで意見の違いが発生することもあって悩みの種になることがあるのです。

上記のようにさまざまな悩みはあるものの、多くの訪問看護師は「病院よりやりがいがある」「訪問看護に転職して良かった」という感想が多くあります。

訪問看護師の年収・給与は?

訪問看護師の平均的な給料・年収を見てみると次のような結果になっています。


・訪問看護師の平均的な給料:約25~32万円・訪問看護師の平均的な年収:約400~500万円

・訪問看護師の高水準の給料約37.5万円・訪問看護師の高水準の年収:約600万円


・訪問看護師の低水準の給料約21.8万円・訪問看護師の低水準の年収:約350万円


この結果から、訪問看護師の標準的な給料は約25~35万円程度、年収は450~550万円程度ということになります。 訪問看護師の給料や年収に幅があるのは、主な就業先である訪問ステーションが民間経営の事業所であることと、都市部と地方では収入に大きな差が出てきてしまうためです。しかし、訪問看護師のほとんどは夜勤なしで日勤中心の仕事であることを考えると、日勤のみのクリニック勤務の看護師給与(給料・約25万円、年収・約400万円程度)と比較すると好条件の仕事といえます。もちろん訪問看護師であっても、首都圏や都市部であれば給料35~38万円程度、年収550~600万円という高レベルの収入も可能ですので、必ずしも訪問看護師の収入ということはできません。ただし、首都圏や都市部ではないが看護師で高レベルの収入を確保したいというのであれば、やはり夜勤シフトのある総合病院の病棟看護師のほうが適しているといえます。訪問看護師には日勤がほとんどであるというメリットがあり、子育てや介護、結婚生活との両立に適しているという優れた条件があります。また、訪問看護師は基本的に一人で業務を行なう仕事ですので、病院での人間関係のトラブルに悩んでいる人、看護師としてのスキルや経験を存分に発揮したいと考えている人には適しています。さらに、結婚や出産後でブランク明けの仕事を探している人や、ベテラン看護師で経験と実績はあるものの夜勤ありの病棟勤務をそろそろ辞めたいと考えている人にも向いた仕事といえるかもしれません。