佐藤紀子

看護師

病院で5年間勤務して、子どもを立て続けに三人産んでから、何か仕事をしようかなと思って求人を見たときに初めて訪問看護というものを知って、ちょっとやってみようかなというところから始まりました。「そのひとと関わりたい」という想いがあれば大丈夫だと思います。

3人の子育てをしながらでも働ける環境

子育て中の自分のライフスタイルに合っている
病院で5年間勤務していましたが、子どもを続けて3人産みましたので休職していました。何か仕事をしようかなと思って求人を見たときに初めて訪問看護というものを知りました。あまり深く考えずに、ちょっとやってみようかな、というところから始まりました。非常勤で訪問して直行直帰できるような体制のあるところだったので、子育てしながら出来ますし、外来病棟で事務的な仕事をするよりもやりがいもあるかなと期待もあり飛び込んでみました。
もちろん、夜勤がなかったことも子育て中の自分のライフスタイルに合っていると思いました。実際にお話を聞きに行くと、職場の雰囲気も違和感がなく、「やってみよう!」と思わせてくれました。

訪問看護のイメージ

全くのイメージゼロで行きました
今と違って訪問看護自体も介護保険もない時代だったので、全くのイメージゼロで行きました。入ってから全て習えば出来るようになるだろう、と思っていました。「訪問看護でこういうことをしたい!」という強い思いや目的は残念ながらなかったですね(笑)。 当時は今の学生のように訪問看護の研修もない時代。皆が教育を受けていないのですから、知識もなく、実際には訪問看護も成り立っていなかった部分もあったでしょうね。 そんな時代ですから、「なんだろう」みたいな感じで、そこで習って覚えてみようかなっていう思いしかありませんでした。

訪問看護の草創期に立ち会えた貴重な時代

訪問看護とはどんなものなんだろう
そう。世の中が、その前段階みたいな段階でした。 みんなが訪問看護とはどんなものなんだろう、という感じで訪問看護の門を開いていた感じでしたね。 強い思い、というより自分の生活に合った仕事の時間だったり、給与だったり、当時は自分の条件に合うから取り敢えずやってみよう、周囲の雰囲気もそんな感じでしたよ。 情報もなかったので、不安を感じることもなく「習えばいい」と何も考えずに単純な気持ちでいられました。

訪問看護も病院も同じで勉強の連続

話をしている間に得意分野の人から意見を聴けた
実際に訪問に行ってみて、わかっていることもあれば、わかってないこともある、そこは病院と同じでした。病院では精神科であったり整形外科であったり脳外科だったり、自分の経験したことのない科ではないものは看護士であっても分からないものなので、日々勉強の連続でした。
訪問看護の職場では、それぞれの得意分野や経験した分野がバラバラなので、それぞれができない部分を補えるというか、話をしている間に得意分野の人から意見を聴けたりします。 そういうところは訪問看護の良さなのではないかと改めて思います。

創意工夫が求められる職場

みんなで相談しながらひとつずつひとつずつ
道具も基本的にはないところからスタートなので、「道具は足りないもの」と思って職場の方が色々工夫しているのを見て、「そういうやり方もあるんだ」とひとつずつ覚えていく感じ。 習ったことがいくつも増えてきたら、自分なりにこれとこれを組み合わせて「こうしたらいいかな」とか工夫しながら、みんなで相談しながらひとつずつひとつずつやってきましたね。 例えば今だったら制度上、主治医の先生が衛生材料をこれだけ点数を出しているから、出してくれた分は使わないといけない、などの制度が決まっています。しかし、制度があっても確実にその先生が点数を出してくれるわけではなく、それぞれの先生の考えがありますので、出してもらえないことも多々ありますし。 例えばない物に関して、薬局に置いてある商品で代用してみたりとか、コスト的なところで代用ができる物は一般的なものでやってみたりとか。みんなで意見出し合って「これどう?あれどう?」って解決していこうとする協力し合う環境はあると思いますね。

訪問看護の「壁」、それを乗り越える喜び

かならず壁がある
訪問看護の難しさは「壁」ですね。かならず壁があるのです。その点だけはどこを訪問しても共通している問題です。それじゃなくても問題がない訪問ってまずなくて、基本、訪問看護を利用している人は「できなくて」利用しているから簡単な指導、関わりで出来るようになるはずがないのですよ。 何らかの方法を一生懸命考えないとならないのです。
攻め続けてもだめだし、引き続けてもだめだし、いろんな方向からアプローチをしていくのですが、そこで一緒に考えていけるような関係性が出来て「この人に相談してみようかな?一緒に考えてもらおうかな?」って相手の気持ちがこちらに向いて。そこから一緒に考え始めて、その中で他のスタッフとかの意見を聴きながら方向性を決めて・・・なんかやっぱりそれを達成したときですね、何かその「壁」を乗り越えたって感じたときは嬉しいね(笑)。
やはり利用者さんの困っていることを解決する方に向かって一生懸命やっているので、解決できたときには私も嬉しいし、本人も嬉しいし、それに関わったスタッフみんなも嬉しいし、その瞬間は本当にやっていて良かった!と思います。

訪問看護の醍醐味

どんなふうに関わっていくかを常に考える
近い。ですよね。だからこそ「壁」がなくなるような関わりをすればその壁はなくなります。 関わり方が曖昧だとその壁はどんどん高くなっていってしまうので、そこはちょっと難しいところですね。それがあるからみんなで一緒に乗り越えたときの喜びも大きいのですけどね。 実際、そういう「壁」を持っていない人っていうのはあまり依頼がないですし、訪問看護というのは、やはりなんらかの問題を抱えている人への関わりに醍醐味があると思います。どんなふうに関わっていくかを常に考える、その感覚は大切にしたいところでもあります。そこがやりがいでもあると思います。

訪問看護を考えている方へのメッセージ

人と関わることに興味を持てれば大丈夫
「そのひとと関わりたい」という想いがあればそれだけでいいと思います。 医療的な技術は日々勉強だと思うので後からでも学べると私は思っています。 それ以上に、人と関わることに興味を持てれば大丈夫。興味さえ持ってやっていけば、絶対にその達成感を感じられる日が必ず来ると私は信じています。 自信がないのは問題ではなく、困っていることに対して何か力になっていけたらいいなって思う気持ちがあれば、それだけで訪問看護はできると思っています。訪問看護に少しでも興味があるなら、ぜひその気持ちを行動に移してください! もし具体的な症例とか工夫したこととか言ってくれればいつでも相談に乗りますよ(笑)。