小川由紀子

看護師

「不安なことは解決してあげる」という気持ちが安心感を与えることにつながります。 未経験者の方にも是非、来て頂きたいと思います。

学生時代の実習で決めた訪問看護

在宅看護の実習で将来は在宅医療に携わることに
学生の時に受けた在宅看護の実習で将来は在宅医療に携わることに決めました。急性期病院での経験を積んだのち、利用者様を支える社会資源の活用を深く知るために介護保険が開始されてすぐにケアマネージャーの資格も取得し、地域包括支援センターで働いた経験もあります。5年ほど前、緩和ケア病棟のある病院に就職するために、横浜に引っ越ししてきました。 緩和ケアの病院では、2対1、多くても3対1までですので、深く関わることが出来ました。一般の病院では、利用者様の希望は置き去りにして「治すための治療がメイン」になることが多いのですが、クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life、QOL)を優先し、じっくりと利用者様に接する時間が持てるので、在宅やホスピスの方が私には合っていると改めて実感しました。

利用者様を点ではなく面で捉える仕事の仕方

利用者様を「疾患」という点で捉えるのではなく、「生活全体」を見渡した面で捉える必要
地域包括支援センターで働いた経験もありますので、利用者様との関わりは生活全般からを見ることから入ります。利用者様の家に訪問するときに、病気を診るのではなく、玄関に入ったときから利用者様目線を大切にしたアセスメントをしています。 段差など危険な場所はないか、トイレやお風呂に使いやすい福祉用具が設置されているか、適切な場所に設置されているか、水回りなど不衛生な場所はないか、等を確認していきます。気になる場所があったら直ぐにケアマネージャーの方に連絡して、「こういう状態なので、こういうサービスが必要では?このケースではこういうサービスが利用できますよ」と、 提案しています。 ケアマネージャーの方が気付いていないこともあります。ですから看護師として利用者様を「疾患」という点で捉えるのではなく、「生活全体」を見渡した面で捉える必要もあるのです。 個人的なつながりも 利用者様の家に訪問する。利用者様やご家族と1対1で向き合える環境です。時には個人的に相談にのったり、のってもらったり。 食事に一緒に行ったり、メールをしたりする間柄になった方もいます。 病棟ではあまりない関係性を築けるのも訪問看護の面白さです。

訪問看護師管理者として大切にしたい事

お互いが譲り合い理解し、お互いに高めあえる関係性
スタッフ同士のコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。看護師はプライドを持って働いている方が多いのが特徴です。 ですから患者様を思う気持ちは同じでもやり方が違うと溝が生まれてしまいます。そこはしっかりとディスカッションし、溝を埋めていく作業は絶対に必要となってきます。 お互いが譲り合い理解し、お互いに高めあえる、そういった関係性を築ける場を作るのが大切な役目だと思っています。 それが出来れば、ずっとこの職場で働きたい!と思ってもらえると信じています。

未経験者へのメッセージ

「不安なことは解決してあげる」という気持ち
実は、どこにいっても看護技術にはそんなに大差はありません。極端に不器用な人は別ですが(笑)。 利用者様とコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことがとても大切です。 多少技術が劣っても、利用者様が「痛い!」と正直に言ってもこの看護師になら大丈夫、と思って頂けている信頼関係があれば、カバーしていくことが出来ます。 しかし、利用者様を我慢させ続けてしまう様だと長続きはしません。 「不安なことは解決してあげる」という気持ちが安心感を与えることにつながります。 その気持ちを持てるかどうかです。 未経験者の方にも是非、来て頂きたいと思います。