村井隆

理学療法士

これまで、循環器専門病院や大学病院の急性期、回復期病棟、大学・専門学校の教員とさまざまな経験を積んできましたが、未経験のステージでチャレンジしようと思いました。

夢を持ち新たなステージへ挑戦

新しいステージで働くこと、新しいステーションの立ち上げに魅力を感じた
これまで、循環器専門病院や大学病院の急性期、回復期病棟、大学・専門学校の教員とさまざまな経験を積んできましたが、在宅での関わりは、住宅改修くらいでほぼ経験がありませんでした。 次に、どのステージで働こうかと考えたときに、未経験であった訪問にチャレンジしようと思いました。 新しいステーションの立ち上げ、ゼロからの体制づくりに自分の知識・技術やこれまでの経験がいかせるのではないかと考えました。また、現在のステーションはとても夢がある会社で、自分自身の思いと一致する部分も多かったので、ここでやっていこうと決めました。 実際にやってみると理想通りにはいかずに苦労することも多いですが、そこが面白く、やりがいにもなっていますね。

どんなご利用者様にもマルチに対応

病院とは違い、1人1人のご利用者様とじっくり、深く関わることができる
これまで、急性期から維持期まで全ての回復過程を経験してきたので、どのようなご利用者様にも対応できることが強みです。 現在は、病院で勤務しているときとは違い、1人1人のご利用者様とじっくり、深く関わることができることができています。病気だけでなく生活に関わることができる、関わる必要があるところがとてもおもしろいと思います。 在宅でのリハビリは、生活リハビリに主眼を置くことが大切ではありますが、きちんと評価し、経過を追い、機能障害を改善していく理学療法も提供していかなければなりません。 PT・OTとも、どんなご利用者様にもマルチに対応できることが大切ですが、それぞれの専門性が発揮できるような仕組みづくりにも取り組んでいきたいです。 訪問看護リハビリには、たくさんの経験やスキルがあれば、それを発揮できる場面がたくさんあると思います。

新卒にも対応した充実の研修制度

在宅医療に興味をもつ若者たちに研修制度を
現在の学校教育では、全体のカリキュラムの中で在宅や地域医療の学習時間はごくわずかですが、在宅医療に興味をもち、進路として選択する学生も少しずつ出てきました。 ところが、在宅医療というのは周りに誰も指導してくれる人がいないので知識や技術を身につけることが難しく、新卒の方が勉強しにくいところがあります。そこで我々は新卒の方には全体を見られるセラピストになれるよう、さまざまな疾患、回復過程を経験し、技術を身につけてもらうための研修制度等も確立していきたいと思っています。