img_oyama

小山 早紀

訪問作業療法士

私が作業療法士を目指したのは、病気にだけ目を向けるのではなく、その方の生活や人生に関わっていけるところに魅力を感じたからです。

作業療法士になったきっかけは?

病気にだけ目を向けるのではなく、その方の生活や人生に関わっていく
私が作業療法士を目指したのは、病気にだけ目を向けるのではなく、その方の生活や人生に関わっていけるところに魅力を感じたからです。その方がこれまで歩んでこられた人生を踏まえて、これからの生活をよりよく、少しでも楽しい生活にしていくお手伝いをしたいという思いで作業療法士になりました。 これまでは、回復期病棟や、介護老人保健施設の通所リハビリや入所者のリハビリを経験してきました。 その時は最大限にご自宅での生活を想定してリハビリを行っていたつもりでしたが、実際にご自宅では私たちの想像を超えていろいろな動作をし、生活をされていることを感じていました。病院や施設での特別な空間、時間の中での「リハビリ」ではなく、その方の暮らしに寄り沿い、生活の一部としてのリハビリに挑戦したいと思い、訪問看護に転職しました。

訪問看護の魅力

「リハビリに来てくれる日が待ち遠しい」「顔を見るだけで元気になるよ」などのお言葉
実際に訪問し、ご自宅での生活を見てみると、「こんなこともされているのか!」と、びっくりするようなことも沢山あります。しかし、そのひとつひとつがその方にとって大切な活動なので、安全に行えるよう一緒に練習していけることをとてもうれしく思います。 できなかったことができるようになったり、退院後に初めて外出されたときなどは本当にうれしくてご利用者様と一緒に涙を流してしまったこともあります。 また、ご家族も含めて「リハビリに来てくれる日が待ち遠しい」「顔を見るだけで元気になるよ」などのお言葉をいただくときは、この仕事をしていて本当に良かったと思える瞬間です。私は熊本から上京してきているので、こちらにたくさんの家族ができたような気持ちで、毎週皆さまにお会いできるのが楽しみです! 皆さまの手作りの折り紙や、いただいたお手紙は宝物です。毎日眺めて元気をいただいています。

転職時の不安

一人で訪問するということにとても不安がありました
訪問看護への転職は、一人で訪問するということにとても不安がありました。自分一人で大丈夫かな、もう少し経験を積んでからにしようかなとも考えました。 実際に訪問をはじめてみると、健康面や食事、全身状態などいろいろなご相談を受けます。その時には看護師やPT、ST等、他の職員に相談し、アドバイスをもらっています。訪問に行くのは一人ですが、ご利用者さまに少しでも元気に過ごしていただきたいという同じ思いを持ったチームなので、相談に本当に親身に答えてくれます。これからもお互いにディスカッションし、よりよいケアを提供できるよう頼れる仲間と少しずつ成長していきたいです。

今後の目標

自分が担当したいと思えるセラピストになること
作業療法士になったときからの目標である、家族や自分にリハビリが必要になったとき、迷わず自分が担当したいと思えるセラピストになることを達成したいです。 担当するリハビリ職員によって、その方のその後の人生は大きく変わると思うので、いつも全力で、ご利用者様に向き合っていきたいです。 その方の貴重なお時間を一緒に過ごさせていただいているので、楽しくて有意義なリハビリの時間を作っていきたいです。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena