荒川進

理学療法士

自分も怪我をして病院でリハビリをしていた経験もあって、病院と自宅では大きな壁があると実感していました。自宅に戻ったときのありのままで居るご利用者様に対して、何ができるのかと問いかけた時に、実際に在宅の環境で経験を積んだ方がいいと確信を持ちました。

そもそもPTを志したきっかけ

高校最後のインターハイ前に怪我をしてしまって、理学療法士さんにお世話になった
もともとは体育教師を目指していました。部活が盛んな学校だったので、その延長線上で目指していましたが怪我をしてしまい断念しました。一応バドミントン部で高校生の時にあまり公言はしていませんが全国大会で3位になりました。 高校最後のインターハイ前に怪我をしてしまって、そのために試合に出られず病院でリハビリをしていました。その時に理学療法士さんにすごくお世話になって、理学療法士という仕事に興味を持ち始めたのがきっかけです。

病院勤務から訪問看護へ

在宅でのリハビリに自分が出来ることはないか
はじめは病院に勤務していました。病院でも担当の患者さんが退院する前に家屋訪問と言って実際に生活していらっしゃるお宅に伺い、例えば段差であったり行動に関する環境の安全性について確認します。それでも転倒などの事故で退院された患者さんが再入院されることもたびたびあって、在宅でのリハビリに自分が出来ることはないかと思い訪問リハビリをやりたいと考えました。

転職時の周りの反応

病院と自宅では大きな壁がある
病院勤務から訪問看護に転職しようとしたとき、周りからはもうちょっと病院で急性期・回復期・維持期のリハビリを経験してから訪問看護に移っても遅くはないのではないかという声もありました。しかし自分も怪我をして病院でリハビリをしていた経験もあって、病院と自宅では大きな壁があると実感していました。 病院での自分は”よそ行き”の自分で、家に居るときが本当の”素”の自分でした。患者さんを見ていても同じように感じることがありました。病院は病院でリハビリを実施する大事なことは沢山あるのですが、自宅に戻ったときのありのままで居るご利用者様に対して、何ができるのかと問いかけた時に、実際に在宅の環境で経験を積んだ方がいいと確信を持ちました。

今後の目標!

訪問看護の時間だけでなく生活全般が向上してくれたらと心から願っています
どれだけ利用者様の立場になって、その人がどのような事が出来たら一番幸せかを考えながら接していきたいと思います。
理学療法士としての知識・技術も大事な要素ですけど、私が関わることで”安心” ”楽しい”といった利用者様にとって価値ある時間を過ごしてもらいたいと考えています。訪問看護の時間だけでなく生活全般が向上してくれたらと心から願っています。

訪問を始める人に/過去の自分に

利用者様と接することで気づくこともあります
なんとなくですが、リハビリ業界の中では病院で経験を積んでから訪問看護に移るというような空気感があると思います。  訪問看護でしか学べないことも沢山あって、実際に”生活の中”の利用者様と接することで気づくこともあります。少しでも興味があるのなら飛び込んで、利用者様のために出来ることをやってみてもいいと思います。