秋山景子

看護師

子育てと仕事を両立しながら母を在宅看護した経験があります。その時お世話になった訪問看護師と接して訪問看護師に対する考えが大きく変わりました。

なぜ、訪問看護に進んだのか

自分を支えてくれた訪問看護師に自分もなりたいと思った。
私は、約10年間様々な病院で看護師として経験してきました。一時期家庭の都合で、看護師の仕事を離れ他の仕事に就いたことがありましたが、その際も医療にはかかわっていたので、看護師を客観的に見ることも多く、やはり看護師っていいなと思い看護師に戻りました。 私が看護師として病院で働いていた時には訪問看護だけは選択肢にない業種でした。なぜなら、訪問看護は利用者様のもとに一人で行って、全てのことを一人で判断しなければならないという責任の重さがあったからです。
このように考えていたのですが母が癌になったことがきっかけで、訪問看護に対する考え方が大きく変わりました。母の病状が芳しくなく、治療しても効果がなくなり、医者に残り僅かだと告げられた時、母が自分の家に帰りたいと言いました。その時、私は仕事をしていましたし子供もいたので、仕事と子育てを両立しながら母親の面倒を見ることができるのだろうか、という不安や葛藤がありました。残りの時間を母と一緒に過ごしたいと思い、たくさん悩み、訪問看護師に入ってもらいながら、母を在宅で看ることに決めました。 元気だった母がだんだんと弱っていく姿を見ているのは本当に辛く、何度も逃げ出したくなりました。そんなとき訪問看護師が毎日家に来てくれるということが、私の精神的な支えでした。終末期の看護は本人の看護はもちろんですが、その方を支える家族の精神的サポートも非常に大きいと改めて感じました。 振り返ってみると、これでよかったのかな?もっとこんなことしてあげられたのではないか?などいろんな想いは浮かんできますが、最期、母の希望した自宅で残りの時間を一緒に過ごせたことが、本当によかったと思いました。
このことがあって、訪問看護師という仕事が今までの自分の考えから大きく変わりました。母が亡くなった後は、しばらくは人の最期にかかわることが辛く、看護師を離れ、これから先のことをいろいろと考えました。母が亡くなって1年が過ぎたころ、母の友人から、母は私が看護師になったことをとても喜んでいたと聞きました。それを聞いて決めました。 本人はもちろんですが、支えている家族のことも含めいろんな気持に寄り添える訪問看護師になろうと思いました。

今の訪問看護ステーションを選んだ理由

夢があり、未来が描けると思った
代表との再会もきっかけの一つですが、様々な研修制度が充実していることと、訪問看護ステーションとして夢があり、未来を描ける訪問看護ステーションだと感じ、一緒に働きたいと思い決めました。

訪問看護の魅力とやりがい

看護師としてやっていくなら、訪問看護師としてやっていきたい。
看護の本質は“寄り添うこと”だと私は思います。
病院は治療の場なので、日々の業務に追われ多忙で患者さんに十分に向き会える時間がなかなか取れません。病院という特性上これは仕方ないことだと思いますが、葛藤もありました。その点、訪問看護師は1対1で、一定の時間、その利用者様とだけの時間になります。こうして寄り添うことができるのは訪問看護の魅力だと思います。
病院勤務が長ければ長いほどギャップもありますが、自宅は治療の場ではなく、生活の場ですので、看護師として柔軟に対応しなければいけない場面も必要になってきます。その人らしくいられる環境づくりは大切だと思いますし、そこに関わらせてもらえるのは、ありがたいことだと思います。また、人生の先輩に学ばせていただくことも多いです。 私は、スタッフと比べ受け持ち利用者様は少ないのですが、初回では必ず利用者様にお会いします。担当以外の利用者様宅にも時々訪問してお顔を見に行くのですが、最初よりも皆さんいいお顔をしていらっしゃいます。皆さん、入院して退院後、お家に戻られた直後は、家族も本人も不安を感じていますが、2か月3か月経ちお家の生活も慣れてくると、歩けなかった人がだんだん歩けるようになったりしていて、ものすごい変化を感じますね。これだけ歩けるようになったとお話してくださると、本当に嬉しいです。
小児の場合は成長を両親と一緒に喜んだり、時には育児相談やお母さんの悩みを聞いたりということもあります。病院にいるときには、日々の業務に追われて、ここまで関わることはなかったですし、関わることもできなかったと思うので、このようないい変化を近くで見て、感じることができることは貴重な経験で訪問看護の醍醐味だと思います。
また、利用者様だけでなく、在宅生活を支えている家族も色々と複雑な思いを持たれて精神的な負担も大きいので、私は利用者だけではなく、その在宅生活を支えている家族との関わりを大事にしています。家族の話を聞く中で、“話すことができて、スッキリした” “最初はどうなるかと思ったけど看護師さんが来てくれたおかげで何とかなってる”と言っていただけると安心しますし、お役に立ててよかったと感じます。
在宅生活の中で私たちがかかわる時間はほんのわずかで、支えているご家族にとっては、24時間の中のほんの一コマです。私たちが訪問させていただいている時間だけでもホッとしていただけたらいいなという思いで訪問しています。

ステーションでのスタッフ同士の仲

利用者様にとっての最良な状態は何か?ということを念頭に置いて業務しています
ステーションの仲間とは、和気あいあいとしていて、年齢に関係なく何でも話し合い、相談し合える雰囲気です。特に看護師とリハビリスタッフとの連携については自慢できます! 常に利用者様にとっての最良な状態は何か?ということをスタッフが念頭に置いて業務しています。例えば、訪問看護での利用者様のリハビリメニューを一緒に考えてもらったり、場合によっては一緒に訪問してもらったり、看護からリハビリへ訪問を変更したりと、とにかく看護師とリハビリスタッフとの関係が非常にいいです。

これからの目標

スタッフみんなが安心して生き生きと働けるようなステーションの環境づくりをしていきたい
管理者になって半年しか経っておらず、管理者としてまだまだ未熟なので、研修を受けながら管理者としてのあり方を身に付けていかなければならないと思っています。そして、スタッフみんなが安心して生き生きと働けるようなステーションの環境づくりをしていきたいです。 
また、管理者としても成長していかなければならないのと同時に、看護師としてもスキルアップのため色々な知識を身に付けていきたいと考えています。これについては、まだ明確には決まっていないのですが、看護師を続けながら方向性を見つけていきたいです。常に未来に向かって勉強していきたいです。