thumbnail

鈴木 ももこ

訪問看護師
経験年数 3年

1、訪問看護を始めたきっかけは?
これまで病院等でやってきた看護の集大成として訪問看護を選びました。
2、訪問看護の魅力とは?
一人の利用者に与えられた時間をその利用者さんだけに使うことが出来、疾病だけでなく、その周りの環境や人などの関わりの中から利用者を見ることが出来ること。中身の深い看護が出来るところが魅力です。
3、訪問看護を始めてよかったと思ったことは?大変だと思ったことは?
利用者様を含めご家族、ケアマネジャー、ドクターなど連携する中で喜びをみんなで感じることが良かったこと。大変なことは、訪問先では自分一人も判断が必要な時もあり、自分のスキルを問われることがあること。
4、訪問看護を経験して利用者ご本人、ご家族と関わることで感じることは?
日に日に利用者が元気になることを間近で見れることが楽しみになっています。
5、これからの在宅医療、訪問看護に期待していることは?
在宅での需要は増える一方だと思っています。在宅での診療報酬など改善されるといいかなとは個人的には思っています。
6、ケアマネジャー、ソーシャルワーカー、その他関係事業所と連携して考えることは?
連携がうまくいけば、それは利用者に還っていくと思うので、連携はとても大切だと思っています。
7、病院・介護施設と訪問看護の違いは?
個別性という点と一人の患者さんとの関わりの深さです。
8、病院と訪問看護の違いの不安は?
病院での経験もあるので、特に不安や戸惑いは感じていません。
9、ワークライフバランスとしての訪問看護はどう思いますか?
訪問看護の方が仕事にすこし重点を置いていると感じます。緊急などもあるかもしれないし、病院と違い時間的拘束が無い分仕事の比重は高くなる可能性はすこしあるかもしれません。
10、在宅にてターミナル、看取りに関わることについて感じることは?
その利用者さんの人生の最後に関わっているという意識を持ち、一つ一つのケアを家族と大切に行っていくことが、訪問 Ns としてできることだとも思っています。
11、キャリアパスのひとつとして訪問看護はどう考えますか?
病院での臨床経験はとても大切だと思っている。その中で在宅を考えてみると、在宅の必要性や違いなども見えてくるものがあるのではないかと思います。
12、訪問看護と訪問リハビリとの連携についての重要性または考えることはなんですか?
若いときから経験することは良いと思うけれど、病院との差を理解するためには病院勤務も必要になってくると思う。
13、訪問看護はどのような人が向いていると思いますか?
上手く連携できれば、それが利用者様に返っていくことだと感じます。
thumbnail

戸田 悦子

訪問看護師
経験年数 6年

1、訪問看護を始めたきっかけは?
祖母や実母の体調悪化をきっかけに、病院のベッド上ではなく住んでいる家で穏やかに生活・療養が出来ることが良いなと思ったのが理由です。
2、訪問看護の魅力とは?
利用者ご本人、家族の方と密に接することが出来ること。また、現場での生活状況が把握でき、その場で助言などが出来ること。状況に合った援助が出来る事が魅力です。
3、訪問看護を始めてよかったと思ったことは?大変だと思ったことは?
"病院では多分見せないような笑顔や言動、やる気が見える時は良かったと感じています。 その反面、自宅ということもあり、自身では行動しない方をどうやる気にさせるかが大変だと悩んでいます。 "
4、訪問看護を経験して利用者ご本人、ご家族と関わることで感じることは?
経験が浅いこともあり、どこまでつっこめば良いのか、ご家族の理解不足な想いにどう返答すればよいのか分からない部分があります。
5、これからの在宅医療、訪問看護に期待していることは?
経験が浅いこともあり、どこまでつっこめば良いのか、ご家族の理解不足な想いにどう返答すればよいのか分からない部分があります。
6、ケアマネジャー、ソーシャルワーカー、その他関係事業所と連携して考えることは?
"利用者様や家族の意向に関わる人が取り上げ、利用者様に合ったプランを立てることが出来ると思います。 "
7、病院・介護施設と訪問看護の違いは?
"病院は箱だと思う。決められたこと、決められた時に行う。 患者様に独自性がやや欠けてしまうのではと思うこともあります。 在宅ではご本人ベースで物語を考えられるから、踏み込めるのでやりがいがあります。 "
8、病院と訪問看護の違いの不安は?
病院は常にDr 在中で指示をすぐにもらうことが出来るが、在宅ではCMを介したりアポイントを取らなければならなかったりとすこし一手間、二手間がかかることにやや不安に感じる。
9、ワークライフバランスとしての訪問看護はどう思いますか?
いつ連絡が来るか分からないという点では、病院よりも気を張らなければとならないと思います。
10、在宅にてターミナル、看取りに関わることについて感じることは?
病院の堅いベッドや白いクロスに囲まれ、機械などに繋がれながら亡くなるよりは、つらいながらも住み慣れた布団や衣服、空気で過ごすことの意義に違いを感じますね。
11、キャリアパスのひとつとして訪問看護はどう考えますか?
若い時から経験することはいいと思うけれど、病院との差を理解するためには病院勤務も一つだと思う。
12、訪問看護と訪問リハビリとの連携についての重要性または考えることはなんですか?
リハビリはリハビリ、ナースはナースで考えるのではなくリハビリ、ナースの一貫性を持つことが大切だと思っています。
13、訪問看護はどのような人が向いていると思いますか?
家族愛がある方は向いていると思います。
thumbnail

品川 真紀

訪問看護師
経験年数 1年

1、訪問看護を始めたきっかけは?
母を自宅で看取ったことがきっかけですね。しばらくは現実に目を向けることが出来なかったけれど、自分が看護師としてこれから何が出来るか考えた時に訪問看護師としてこれからは在宅医療に携わりたいと思ったからです。
2、訪問看護の魅力とは?
個人を深く重点的に見ることが出来ることです。
3、訪問看護を始めてよかったと思ったことは?大変だと思ったことは?
利用者が退院し、家に帰ってきて「やっぱり家が一番いい」と言われたときやその笑顔が見れたこと。看護師が家に来てもらえれば退院に踏み込む気持ちになれたこと。 大変なことは医師との連携、訪問看護がまだ認知されていないと感じることが理解していただくことにすこし大変さを感じています。
4、訪問看護を経験して利用者ご本人、ご家族と関わることで感じることは?
訪問看護の事がまだまだ浸透していないこともあり、ご家族など本人以外の理解もしていかなければスムーズな関係性に結びつかないなと思っています。
5、これからの在宅医療、訪問看護に期待していることは?
訪問診療において今後様々な科の Dr が往診することができればよいなと思っています。
6、ケアマネジャー、ソーシャルワーカー、その他関係事業所と連携して考えることは?
利用者様や家族の意向に関わる人が取り上げ、利用者様に合ったプランを立てることが出来ると思います。
7、病院・介護施設と訪問看護の違いは?
病院は箱だと思う。決められたこと、決められた時に行う。患者様に独自性がやや欠けてしまうのではと思うこともあります。 在宅ではご本人ベースで物語を考えられるから、踏み込めるのでやりがいがあります。
8、病院と訪問看護の違いの不安は?
病院は常にDr 在中で指示をすぐにもらうことが出来るが、在宅ではCMを介したりアポイントを取らなければならなかったりとすこし一手間、二手間がかかることにやや不安に感じる。
9、ワークライフバランスとしての訪問看護はどう思いますか?
いつ連絡が来るか分からないという点では、病院よりも気を張らなければとならないと思います。
10、在宅にてターミナル、看取りに関わることについて感じることは?
病院の堅いベッドや白いクロスに囲まれ、機械などに繋がれながら亡くなるよりは、つらいながらも住み慣れた布団や衣服、空気で過ごすことの意義に違いを感じますね。
11、キャリアパスのひとつとして訪問看護はどう考えますか?
若い時から経験することはいいと思うけれど、病院との差を理解するためには病院勤務も一つだと思う。
12、訪問看護と訪問リハビリとの連携についての重要性または考えることはなんですか?
リハビリはリハビリ、ナースはナースで考えるのではなくリハビリ、ナースの一貫性を持つことが大切だと思っています。
13、訪問看護はどのような人が向いていると思いますか?
家族愛がある方は向いていると思います。